事業レポート-「大好き直江津♡みんなに伝えようまちの魅力」 絵本完成編

公益社団法人上越青年会議所 私のまち活性化委員会では直江津のまちを活性化させる事業として、直江津地区青年会の方々と協働し絵本の作製に取り組みました。直江津の子供たちが「わたしのまち」と自信をもって語れる大人へと成長するためにも、今一度、直江津の魅力を我々責任世代の青年が自らの手で調べ、知り、そして故郷への愛着を持ってもらう事が大切です。その想いを綴り、伝えていける手法として「誰でもわかりやすく、手に取りやすい教材」である絵本を作成、配布また読み聞かせ会などを通じて、子供たちの直江津への想いを深めることを目指します。

その絵本が10月20日遂に完成しました。春から毎月会議を開催し、設定はどんな場面か、どんなことを伝えたいか、資料はどれを使うか、そして題名・登場人物に至るまですべて委員会メンバーと直江津地区青年部の皆様で考えました。作画は上越市を中心に活動をされているひぐちキミヨ氏にお願いし、今回の完成披露の場にもご参加頂きました。上越青年会議所私のまち活性化委員会と直江津地区青年部の皆様、そしてひぐちキミヨ氏の3者が協働して生まれた直江津の絵本です。

 

「なおくんと居多(こた)にゃんのふしぎな夏まつり」

 

PDFにてダウンロードも可能ですので是非ご覧ください。

また今後は、この絵本を発信する事業も行ってまいりますので是非ご参加下さい。

 

 

 

絵本のダウンロードは

こちらの絵本をクリック→

いよいよ最終段階の原稿とひぐちキミヨ氏の下絵が出来上ってまいりました。

完成間近の絵本の文や内容を眺めながら、全員で最後の確認と若干の修正をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA