事業レポート-「三十会in上越 ~30歳の大同窓会~」が開催されました

9月18日、30歳の大同窓会「三十会in上越」が開催されました。当日は200人弱の上越市内の中学を卒業した30歳が集まりそれぞれ懐かしの先生や友人とお酒を飲みかわし語り合いました。遠くはシンガポールや沖縄からこの日に合わせて参加して頂きました。開催中は恩師からのお手紙が掲載されたり、上越に関する〇☓クイズ、携帯電話を使ったゲーム等が行われ当選した方には協賛企業からの協賛品が贈られました。会場には越後上杉武将隊、上越のゆるキャラも駆け付け会場を盛り上げて頂きました。

 今回は、30歳の節目の年になり、色々な岐路に立つ30歳の青年がこの機会に地元に帰って来る、あるいは興味を示して欲しいと思い開催致しました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

<受付の様子>

<オープニング>

<会場の様子>

 この日のために上越青年会議所 地域アイデンティティ委員会と三十会in上越実行委員会は4月の準備会から毎月会議を重ねてきました。6月の第一回には、多くの取材の中開催されました。実行委員会は上越市内の各中学校の代表1人~3人で構成されており、参加者の推進、当日の動きの確認、アトラクションの内容などを決めておりました。また8月のオクトーバーフェストでは開催一カ月に迫る中決起集会も行われ、当日に向けて気合も入れました。

 当日も多くのカメラが入る中緊張感のあるリハーサルも行われておりました。三十会実行委員会の皆様、地域アイデンティティ委員会の皆様、最後までお疲れさまでした。

 <三十会実行委員会の様子>

 <当日準備・リハーサルの様子>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA